冷水サンドイッチ現象で困った体験談

冷水サンドイッチ現象で困ったぞい

先日我が家の給湯器が故障しました。シャワーを浴びていたらお湯を出していたのに突然冷たい水になってしまいました。最初は少し経てば治るだろうと水を出しっぱなしにしていたのですがいつまでたっても水のままで、お湯が出るようになったのは体感時間で3分ほど後。古いシャワーを使っている人はご存知だと思うのですがお湯を出していても一瞬水になってしまうことはよくあります。これは冷水サンドイッチ現象と呼ばれ、給湯器内のバーナーで暖められる前の水がシャワーから出てきてしまうためどうしても起こる現象です。しかしこの現象で水が出てきてしまうのは普通一瞬です。お風呂の中で正確な時間はわかりませんでしたがこれはもしかして給湯器に故障ではないかと思いました。その後も何回かこの現象が起こるので管理会社に連絡し、修理をお願いするとすぐに来ていただけました。案の定給湯器の故障だったらしく、修理を依頼した次の日には修理していただけました。平日だったのでいつ来てもらおうと困っていましたが、私のように家の外に給湯器がある場合は工事に立ち会う必要もないので、仕事がある平日の昼間にきていただき、その日にもう修理が完了していました。給湯器は管理会社の所有物なのでもちろん自己負担額はありません。冬場にあたたかいお湯が使えないのは死活問題なので本当に助かりました。

page top