給湯器交換は費用や相場を知って失敗しない業者選びを!

MENU

給湯器交換の費用や相場について

給湯器を取り替える際に必要な費用について給湯器を取り替える際にはやはり費用が不安になってくるものであり、費用が分かった時にその高さに度肝を抜かれる人も多いことでしょう。給湯器の取り替え費用は給湯器の製造会社、給湯器の販売会社次第でかなり変わってきます。そこで今回は、給湯器の取り替えに要する費用や相場について見ていくことにしましょう。給湯器にも様々な製造会社、種類が存在し、『一分間あたりの給湯量』、『省エネ効果の大小』、『お風呂に利用する追い焚き機能、足し湯機能の有無』、『暖房機能の有無』など、能力の違いによって、価格もかなり変わってくるのです。例えば、追い焚き機能と通常の暖房機能、リモコンが付いている給湯器は14万円から27万円ほどの価格帯となっており、追い焚き機能が備わっていない給湯器では5万円から15万円ほどの価格帯となっています。もちろん、機能が多く備わっているほど価格は高くなるわけですが、同一の給湯器であっても、設置をお願いする会社や、給湯器の種類次第で値引き後の費用にも大きな差が出てくるのです。ですから、会社を選択する際には、色々な会社に見積もりを出してもらうことをおすすめいたします。給湯器を取り替える際には、取り付けにあたっての工事費用も支払わなければなりません。その際に発生する費用として想定できるのは、『取り付け工事費用』、『吸水結び替費用』、『給湯結び替費用』、『リモコン結替費用』、『ガス結替費用』、『廃材廃棄費用』、『点火試験費用』などです。会社によっては、10年間の保証込みで標準工事費用を設定しているケースや、標準工事費用とは別に安心保証に入ることを求めてくるケースもあります。本体の価格のみならず、工事費に関してもきちんとチェックするようにしてください。店舗によって、価格が違う理由については色々あるわけですが、特に仕入れ価格の違いが大きいかと思います。小規模の工務店の場合は、価格を高くしないと倒産してしまいますし、逆に大きな会社の場合は、製造会社が設定する販売価格に関係なく、低価格での販売が可能となっているのです。また、多くの施工を受け持ってきた大きな会社の場合は、小規模の工務店よりもはるかに多い仕事を受け持っているため、より多く、より安い価格で給湯器の製造会社から仕入れが行えるようになっています。つまり、多くの仕事を受け持った会社は、低価格で販売できるケースが多いということです。これまでお話ししたことから言えるのは、給湯器の価格だけで安心度は計れないということであります。そのため、給湯器を取り替えるにあたっては、きちんと相場を理解した上で会社にお願いすることが重要になってくるのです。

 

給湯器の交換の相場についてはこちら